耳鳴りキーン
耳鳴りについて、詳しい原因や治療法を解説。
スポンサードリンク

トップページ >耳鳴り音

耳鳴り音

耳鳴りになると、キーンという高い音やザーという低い音が聞こえてくるのですが、高い音が聞こえてくるときは自律神経に乱れがある状態で、メンタル的に緊張状態が続いている人がなりやすいです。

また低い音は高い音の耳鳴りと比べますと危険性は低いと言われており、気圧の急激な変化や肩こり、それに首のコリなどが原因になると言われています。

ストレス

耳鳴り原因しかし低い方の耳鳴りの方が耳触りと言われているので、ストレスが溜まりやすいと言われており、他の病気を患ってしまうこともありますので、ストレスは発散するようにしましょう。

低音

低音が聞こえてくる人は、低音難聴の前兆症状であることがありますし、閉塞感を伴ってきますが、早めに病院に行けば大丈夫だと言われています。

高音

高音の耳鳴りになると、老人性難聴の初期症状と言われていますので、症状が悪化してしまう前に1度病院に行って診てもらった方が良いでしょう。

また耳鳴りは慢性化してしまうことがあり、慢性化してしまうと完治するのが難しいと言われていますので、注意しておいてください。

耳が全く聞こえなくなることは避けられそうですが、そのまま放っておくと生活していくのに不便なので、なるべくストレスを感じない工夫もしましょう。