耳鳴りキーン
耳鳴りについて、詳しい原因や治療法を解説。
スポンサードリンク

トップページ

耳鳴りは何の前兆もなく突然起こる場合が多く、一度キーンとなると何をしても音が鳴り止むことはありません。

耳鳴り原因人間に限らず、動物や昆虫などでも、耳から入ってくる音を感じることがあり、危険を察知することもありますので、耳というのは生きていく上で非常に重要な役割を果たしているのです。

人間は耳で音楽や歌などを聞くことで、気持ちを落ち着かせることができますし、カラオケに行って歌うことでストレスを発散することもできますので、メンタルの面でも必要だと言えます。

この大切な耳の病気に耳鳴りというものがありますが、耳鳴りになってしまいますと、回りの音が聞こえにくくなって、日常生活に支障をきたしてしまうことがあります。

そして耳鳴りは実際には聞こえていない音を、自分の頭の中だけで感じているものなので、たとえ今いる場所から全力疾走で離れていっても、音が消えることは無いのです。

割合

耳鳴りになっている人の割合は、65歳以上のお年寄りに多いと言われており、65歳以上の30パーセントくらいの人が、耳鳴りの経験者ですし、今でも悩まされ続けています。

分類

そして耳鳴りは大きく分けると6種類に分けることができると言われており、自覚的・他覚的・無難聴性・難聴性・急性・慢性というように分類することができます。

自覚的

治療自覚的とは本人にしか聞こえていないというもので、いくつもの音が同時に聞こえてくることがあり、耳鳴りになってしまった人の多くは自覚的だと言われています。

他覚的

他覚的とは本人以外の人でも聞くことができるもので、体から出ている音を聴診器を利用することで聞くことができますが、ザーザーという砂嵐のような音が聞こえてくることが多いのです。

無難聴性

無難聴性は難聴になっていないのに耳鳴りがするということですが、難聴になっている人は耳鳴りになる可能性が高いと言われていますので無難聴性という分類も作られたようです。

急性・慢性

キーン急性の場合は6カ月以内に治るものと言われていますし、慢性の場合は6カ月以上続いている時のことを言いますが、慢性は完治することが困難と言われていますので、症状の軽減が行われます。

それに耳鳴りは若い人でもなってしまいますし、小さな子供でもなってしまいますので、特に子供がなっていると慢性化してしまう恐れがあるようなので、親御さんは気を付けておいてあげましょう。

このような耳鳴りは、はるか昔からあったと言われており、昔からの言い伝えで自然に治ることだと言われていますが、自然に治ることはほとんどありませんので、1度病院で検査を受けた方が良いでしょう。

新着情報&トピックス

bottom